前歯のインプラント

前歯をインプラントにする

インプラントと前歯の手術

前歯が抜けてしまった場合はインプラントやブリッジなどの治療を受けることになるでしょう。奥歯に比べて丈夫な骨がないのでブリッジを提案されることもありますが、ブリッジは隙間ができやすいので虫歯になりやすいと言われています。結果として両隣の歯を抜かなくてはならないこともあるのです。しかし、インプラントの場合は周囲の歯を削らずに治療をすることができるため、歯の寿命を長くすることに繋がります。この治療方法なら他の歯に影響を与えることなく歯を取り戻すことができますし、適切な手術と管理を行うことで50年持つこともあると言われています。

前歯のインプラントのメリット

奥歯のブリッジと違い前歯のブリッジは人工歯と歯茎の隙間がどうしても生まれてしまうため審美的には気になるものです。そのため、前歯の場合はインプラントを選択する方が多くいます。インプラントの場合は人工歯根を埋め込んでその上に人工歯を取り付けるという方法のため、歯と歯茎の隙間はなくなります。奥歯と違い前の骨は薄いためオペそのものは奥歯よりも精密に検査して、綿密な埋め込みのためのシミュレーションを行います。患者さんサイドの体の負担などは前の歯でも奥の歯でもあまり変わりありませんが、前の歯のの方が審美的には美しくなったと実感できると言えます。

↑PAGE TOP